民事再生
民事再生
債務が多くて月々の返済が難しくなった方が、地方裁判所に申し立て再生計画を立てることで債務を大幅に減額してもらいます。
民事再生では住宅などの財産を手放したりする必要もなく、この手続きによって大幅に減額された借金を3年?5年で全額返済していきます。もしこの支払いが滞りなく行われた場合、債務はなくなります。

メリット
1. 減額された金額を3年?5年の間滞りなく支払い続ければ債務が全てなくなります。
2. マイホームなどの財産を残しながらの返済が可能です。
3. 免責不許可事由がないので債務の理由がギャンブルなどでも大丈夫です。
デメリット
1. 住宅ローンに関しては減額できません。
2. 民事再生後、官報に載ってしまいます。
3. 一部の債権者を除くような整理ができません。
4. 保証人がいる場合は、保証人に一括請求がいきます。
民事再生できる主な条件
1. 住宅ローンを除いた債務の総額が5000万円以下であること。
2. このままだと将来、返済が不可能になるおそれがあること。
3. 一定の収入を得ることができること。
専門家に依頼した場合のメリット
1. 民事再生に必要な再生計画書などを作成してくれます。
2. 専門家に依頼した場合、貸金業者からの取立てや催促が止まります。
3. 債務総額を確定させる為に、再生計画認可決定までは返済する必要がありません。