自己破産
自己破産
財産差し押さえ多重債務や収入が無くなったなどの理由により借金の返済ができなくなった人が、最後の手段として生活にどうしても必要な物を除いた財産を失う代わりに債務を免除してもらう手続きです。債務の免責を認めてもらうには返済ができなくなった正当な理由が必要とされているなど、厳しい条件やペナルティを求められます。


メリット
1. 借金がなくなります。
2. 負債総額に制限がありません。
デメリット
1. 生活にどうしても必要な物を除いた財産を失います。
2. 破産者名簿に記載されます。
3. 自己破産後7年間は再び自己破産できません。
4. 免責許可決定が確定するまでの期間、一定の資格を必要とする職業に就くことが制限されます。
5. 保証人が一括請求を受けます。
自己破産できる主な条件
1. 借金を返済するだけの収入や資産がないこと。
2. ギャンブルで費やした借金など、免責不許可事由に該当しないこと。
3. 過去7年以内に免責を受けたことがないこと。
専門家に依頼した場合のメリット
1. 専門家に依頼した場合、貸金業者からの取立てや催促が止まります。
2. 書類の作成などの作業を代わりにやってくれます。