過払い金って何?
過払い金って何?
お金の貸し借りには、利息制限法と出資法の二つの法律が存在していました。
出資法で定められた上限金利29.2%を超えて貸付を行うと厳しい罰則がありますが、利息制限法では上限金利(15%-20%)を超過した部分の利息は契約上無効であるが罰則が設けられていません。
そのため貸金業者は利息制限法の上限金利を超えるが出資法で定められた上限金利29.2%は超えない金利(グレーゾーン金利)を、借り手に支払わせていました。
この利息制限法の上限金利とグレーゾーン金利の差額の利息が過払い金となります。
過払い金なぜ請求できる?
利息制限法の上限金利を超過した部分の利息は契約上無効で、借り手が納得の上で超過金利の利息を支払ったと認められる場合、出資法で定められた上限金利29.2%までは合法と認めるという例外規定(みなし弁済規定)を貸金業者は利用していました。
しかし、このみなし弁済規定が実際に適用されるには納得の上で超過金利を支払っていると認められること以外にも厳密な条件が設けられており、消費者金融や商工ローンなどのほとんどの場合みなし弁済規定の適用が認められていません。
つまりみなし弁済規定が適用されない以上、利息制限法の上限金利を超過した部分の利息は契約上無効となるので、上限を超える金利で返済をしていた場合は余計に支払っていた利息分を過払い金として返還請求できるのです。
グレーゾーン金利?
グレーゾーン 利息制限法の上限金利内であれば問題なく白、出資法の上限金利を超えると罰則のある黒。利息制限法の上限金を超えてしまった(超えても罰則はなし)が、出資法の上限金利は超えていない。つまり白でも黒でもない金利、それがグレーゾーン金利なのです。








撤廃されたグレーゾーン金利
平成18年の貸金業法改正により上限金利が出資法の上限金利29.2%ではなく利息制限法の15%?20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。